個人印鑑 法人印鑑 ファンシー印鑑 印鑑サプライ その他
法人印について  
 

印鑑をお求めになるとき色々種類があるけれど、何を基準に選べばよいかわからないという方に
個人実印、会社実印、材質、サイズ、書体等の方向からアドバイスいたします。
印鑑は使用目的の応じて色々の種類に分かれていますので参考なれば幸いに存じます。
様々な書類の上で、自分の顔となってくれる印鑑。だからこそ、納得してつくりたいものですね。

   


■会社の実印(代表者印)と銀行印
個人が印鑑登録をするように、会社の代表者が法務局に届け出た印鑑のことを代表者印といい、印鑑登録します。すなわち会社の実印の当たる大切なものです。代表者印は登記申請など、重要な契約締結に使われます、印鑑証明書を添付すれば、会社の代表者が取引を行ったという重要な証拠になります。個人の実印は一人一個しか持てませんが、会社の実印である代表者印は代表取締役が二人以上いれば、各人が持てます。法人印の責任は重大です。印材も彫刻も、十分に吟味して高品質で納得のいくものをお揃えください。会社の銀行印も企業や個人事業主が銀行に届ける必要があります。手形や小切手を振り出すときなどに使用します。企業のお金を直接動かす印鑑ですから、使いようによっては代表者印以上に重要だと言えますので、保管には厳重な注意が必要です。
代表者印
18.0mm 篆書体
代表者印
18.0mm 印相体
代表者印
18.0mm 古印体
会社実印 直径18.0mm丸を内枠(代表取締役印)二行で彫ります。
会社銀行印 直径18.0〜16.5mmを内枠(代表取締役印)三行で彫ります。

■社印(角印)
角印
篆書体
角印
印相体
角印
古印体
契約書、請求書、領収書などの文書に対し押印する印です。
会社の認印用として使用します。
21.0mm角が多く使用されているようです。

シモカワ印房へのお問い合わせはこちらをご利用下さい

Homeに戻る